カスタムコンテンツ(外見、音声等嗜好品)



○Chainmail Bikini+ (新vault配布サイト

 かつてのNWN1では、鎧部位装備を外すと女性キャラは極小面積ビキニとなり、お姉チャンバラとかビキニウオリアーズとかはそのまんま武器だけ持たせたり透明部材の鎧を着せればいいだけの話であったが、一方、NWN2では、鎧を外すと謎のぴちぴち革スーツのような普段着となり(鎧を外した方が露出度が下がることがある)半裸とかにするには、形状をこの革スーツの上からわざわざ「素肌で上書き」するhakを使う必要がある。
 上記は、着用するとMetal_Bikini(海外ではこう呼称する)状態になる鎧を追加する。

 なお、これを導入後、キャラに着せるには、エディタに慣れた人ならば適当なモジュールで入手できたり購入できるようにするだろうが、NWN2のエレクトロンツールセットは使いづらく、中々手が伸びない人もいるだろう。安易に入手させるには、cm_bikini2フォルダをoverrideフォルダ(あるキャンペーンにのみ適用する場合、campaign内のそのキャンペーンのフォルダ)に入れた後、NWN2を起動、適当なモジュールを起動し(OCの既存モジュールのセーブデータでも構わない)、キーボードの"`"(シフト+@)を押してコンソールを開き、

DebugMode 1

giveItem chainmail_bikini

DebugMode 0

(大文字小文字はそのまま入力する必要がある。giveitemは小文字でもいい)として、再度"`"を押してコンソールを閉じれば、インベントリに入っている。

 また、ツールセットに慣れた人なら、改変して「これに肩パッドがついただけでフルプレートとか言い張る重装鎧」とか簡単に作れる。だから何だといえばそれまでだが。



○Link (Legend of Zelda) (新vault配布サイト
 Super Sayian Goku (新vault配布サイト

 かつてNWN1の旧vault(上記新vaultは一度サーバーが飛んで移動したものである)では、モジュールやhak/overrideだけでなく、単なるキャラデータ(セーブデータ)が数多く投稿されていた。日本神話の神々やベルセルクやファイナルファンタジーのキャラ(全て欧米人の投稿である)など、きわめて意味不明なものが多種にのぼっていた。しかも、それらはキャラクターモデルを3Dから描き起こすといったTESのmodificationのようなものではなく(NWN1でもシステム上一応可能だが手間はかかる)、ほとんどは既存のNWN1のモデルを組み合わせて再現したソウルキャリバーのエディットのようなものであったが、ベルセルクのガッツなどは異様に完成度が高かったことで日本のNWN1ユーザー間でもよく知られていた。
 NWN2では(及び新vaultでは)そうした動きは少ない。上記の前者は、フランス語による投稿で、実はNWN1/2は欧州、特にフランス語圏でかなり盛況である。有名モジュールにはフランス語に訳されているものも多い。ちなみに欧米FTにおけるゼルダシリーズの人気は日本人の予想よりも遥かに高い。
 後者の方は、おそらくキャラメイク時にプレインタッチトのサンプルとして頻繁に表示される「ファイア・ジェナシ」のモデルの、アタマの形状と火炎オーラがサイヤ人に見えないこともないというだけの単なる一発ネタである(なお、きわめて悪名高い海外のドラゴンボールファン創作ネタのひとつに、髪やオーラが赤くなるさらなる強化型のスーパーサイヤ人がある)。ただしポケモンのゴウカザルのごとく、火炎+悟空は特にありえない発想ではない。



○Feline Girls (新vault配布サイト
 Pains monster pack (新vault配布サイト


 誰が言ったかファンタジー世界といえば「ニェーカミムィ(nekomimi)」を抜きにしては語れないという。NWN1にはプレイヤーキャラやモンスターに猫耳3Dモデルを追加するようなhakはいくつもあったのだが(作ったのは日本人だったり全くそうでなかったりした)全般NWN1ほど盛んではないNWN2では皆無である。そして、「猫獣人」に流用できそうなワーキャットやラクシャサといったモンスターの3Dモデルも(これもNWN1にはデフォルトで在ったのだが)NWN2にはデフォルトのエディタ内にも存在していないし、追加モデルの類も見当たらない。
 が、猫獣人やキャットフォークの外観を追加する方法が全くないわけでもない。冒頭に挙げた2ファイルのうち上の方のoverrideは、モデルは人間やエルフのまま、キャラクターモデルのテクスチャを変更することで、ミュージカル『キャッツ』のようなペイントによって猫人間らしさを表現しているものである(いわゆる猫耳にはならない)。Feline girlをoverrideに入れると、人間のモデルに虎人間、エルフのモデルに豹人間が1種類ずつ追加され、人間やエルフのキャラ作成時にも頭部テクスチャとして選べるようになる(胴体はモンスター用で、プレイヤーに使うには別のカスタマイズ手順が必要)。下の方のmonster packは、多数のモンスターモデルの詰め合わせだが、このうち、adl_pain_monsterpackmisc.7zに入っている「ラクシャサ」は実は新モデルでなく同様のテクスチャのみで追加しているもので、これをoverrideに入れるともう2種類ほど追加され、豹や黒豹の模様が人間のキャラ頭部に選べるようになる(なお、ほかのモンスターのモデルをモジュール内やプレイヤー用に使うにはまたもう何段階かのカスタマイズが必要)。なお、キャラやアイテムのモデルは通常モデルのファイル(群)をoverrideに入れるだけでよく、他に2da等を編集する必要はない。
 問題はどう見てもこの動画のサムネのゲレゲレにしか見えないという点である。



〇4 Japanese Female Voice Soundsets (Japanese Female Voice Actors) (新vault配布サイト


>#1 花澤香奈・クレリックまたはパラディン (soundset 751)
>#2 井口裕香・ローグまたはレンジャー (soundset 752)
>#3 豊崎愛生・ウィザードまたはソーサラー (soundset 753)
>#4 佳村はるか・ファイターまたはワーロック (soundset 754)

 キタコレ



〇Katana Blades (新vault配布サイト
 MWM Final Fantasy Buster Greatsword hak (新vault配布サイト


 武器などのアイテムのモデルはvaultで検索すれば目的のものを見つけるのは難しくないと思われるが、《大業物》特技関連で触れたので、幾つか追記しておく。NWN1/2というか洋ゲー全般で武器の外見と性能がイメージに合わないという声はよく聞く。例えば両手で持つような日本刀(NWN2ではPnP同様、オフハンドに何も持たなければカタナを含む中型以上の武器の多くは自動的に両手持ちされるが、NWN1ではそうではない)や、グレートソード以上の大型武器がシステムで再現されていないといった不満である。これに対して、なぜか多くのゲーマーがシステムを改変を要望したり自分で改編を試みたりするのであるが(例えば、カタナを「両手持ち」にシステムの方を書き換える等である)NWN1/2の場合、ベースアイテムを改変したりするとそのデータを用いていた全モジュールのバランスが崩壊するため、推奨できない。
 ひとつの対策として、「既存のアイテム」に外見を追加し、性能はツールセットで個々で調整するというものがある。上記は通常の「グレートソード」のモデルに、「大型のカタナ」「FF7のような大型の剣」を追加するものである。ツールセット(エディタ)で上記の外見を選択したグレートソードを作ると、中身(性能)はグレートソードで形状は大型カタナ等のものができるが、性能もツールセットで(ダメージタイプや追加ダメージなど)適宜調整してもよい。なお、前者のモデルは日本でNWN1で活動していたgeshi氏によるものである。







NWNページに戻る

トップページに戻る