○NWN年表

 NWNに、というよりレルムのPCゲームシリーズに関わる事項を適当に抜粋



DR(デイル歴)
-35000 爬虫人のサルーク("創造種")(NWN1-OC)がフェイルーン中原〜南を中心に帝国を築く
-30000 サルークらがネザースクロールを生み出す
-20000 ソードコースト北にエルフのイレファーン王国が栄える
-12000-9000 エルフらの王冠戦争。-10000ごろにアロウシュニー女神がロルス女神に、その配下がドラウになる
-3983 デイル地方、エルフのコーマンソーの建国
-3900 ドワーフのシールド王国の建国
-3859 ネザリルの発祥、当初は海岸の人間の集落の集合体
-3533 ネザリルでネザースクロールが発見、以後魔法帝国として発展
-2954 ネザリルが初の空中都市ジンレナルの建造に成功
-1088 ウォーターディープの発祥
-339 ネザリルの滅亡(カーサス(SoU)の魔法の暴走による魔法停止、初代ミストラの死亡)。
 空中都市の落下。ジンレナルはネヴァーウィンター森に、アンドレンタイド(SoU)は後のアノーラッチ砂漠に落下
 魔法停止によりイレファーンの守護者は"織"から"影織"に力源を替え、影の王(NWN2-OC)に変貌
-200 キャンドルキープ創設、デイルへの人間の移住
1   コーマンソーのエルフとデイル民の立石の条約をもってデイル歴元年とする
26  コアミアの建国
75  賢者アラウンドー(BG)がキャンドルキープに到着
168 ハラスター(HotU)がアンダーマウンテン迷宮を建造開始
720 ハーパーズが前身組織をもとに結成(選ばれし者らが参加)

(1版時代)
1281 "Icewind Dale"1作目
1306 ドラゴン・ランでフラン旧市街(PoR)が壊滅(フラン以外の大地域に及ぶ災害では無い)
1310 "Icewind Dale 2"
1329? 冒険者「北方四人衆」の指導者ナッシャー・アラゴンダーがネヴァーウィンター君主となる
1340-47? "Pool of Radiance"(FC版等の1作目)
1340-58 "Secret of the Silver Blades"(後述の続編の年にぶれがあるため正確には不明)
1345 小説ムーンシェイサーガ
1347 小説ダークエルフ物語終了(ドリッズト地上へ)
1350-57? "Pools of Darkness"(小説より。ゲームはCurse of Azure Bondsより後なので不明)
1351-57 小説アイスウィンドサーガ
1356 AD&D1stFRCSの「現在」年
1357-58 "Curse of Azure Bonds"
1358 Time of Troubles(災厄の時)、小説シャドウデイルサーガ

(2版時代)
1367 AD&D2ndFRCSの「現在」年
1368 "Baldur's Gate"1作目
1369 "Baldur's Gate 2"

(3版時代)
1372 D&D3.0e FRCSの「現在」年
1372 "Neverwinter Nights"1作目OC本編(エディタのデフォルト設定なので、正確かは不明)、Wailing Death(死悶の疫、泣き叫ぶ死)
1372 "NWN1: Shadow of Undrentide"(台詞等からNWN1-OCと同年と推定)
1372-? "NWN1: Horde of the Underdark"(SoUより恐らく数年後だが、正確な年は不明)
1373 D&D3.5e Player's Guide to Faerunの「現在」年
1374 "Neverwinter Nights 2" OC本編(エディタの設定で、正確か否かは不明)、影の戦争
1374? "NWN2:Mask of the Betrayer"(NWN2-OCの直後だが、正確な年は不明)
1374 "NWN2: Storm of Zehir"(NWN2-OC本編より後、MotBエピローグよりは前)
1385 Spellplague(呪文荒廃)

(4版時代)
1409-1462 小説Neverwinter Sagaシリーズ、ドリッズトらが周辺の動乱に関与
1451 ネヴァーウィンターの"大災厄"、ホテナウ(ホートナウ)の火山(SoZ)が噴火し市が壊滅
1451 アラゴンダー家の断絶
1467 ダガルド・ネヴァレンバー卿がネヴァーウィンターの守護卿に就任、復興活動
1474 ネヴァレンヴァーへの抵抗勢力"アラゴンダーの息子ら"が台頭
1479 D&D4版FRCG、及びNeverwinter Campaign Settingの「現在」年
1479 "Neverwinter" MMORPG版


 「○版」時代というのはFR世界で起きた事件を区切りに版上げが行われているため便宜上付記した。例えば、「災厄の時」はAD&D1st→2nd、「呪文荒廃」はD&D3.Xe→4版へのルール改変を説明するために起こった事件なので、実際は災厄の時より前の時代の出来事は1stで、呪文荒廃以後の出来事は4版で再現(ゲーム化等)するのが、本来正確に世界を再現できるということになる。が、ことPCゲームに関しては1版の時代の事件を2版や3版のルールで再現していたりする(IWDなど)ので、あまり参考にならない。







NWNページに戻る

トップページに戻る