適当なtipsページ


○ポートレイト(顔グラ)


 日本のD&D系CRPG界隈には、「日本人がBaldur's Gateのプレイ継続を我慢できるか否かは、イモエン(註:妹キャラ)の顔グラを差し替える方法を知っているかどうかで決定される」という格言がある。
 実際のところ、Icewind Dale1,2など顔グラが最初から秀逸なものもあるのだが、それ以外のD&D系ゲームは昔から(洋ゲーの濃い絵柄の好みを差し引いてすらも)いまひとつ受け入れにくいというものも少なくない。ポートレイトの差し替えは、D&D系CRPGのカスタマイズの第一歩、となることも多い。


 NWN2の顔グラ、ポートレイトはといえば、デフォルトではかなりガッカリさせられることが多いと思われる。デフォルトでは、実際のゲーム中の3Dモデルから顔グラが生成され、兜など装備で変わるとそれに合わせて変わるなどの仕組みは良いとして、生成されたポートレイトは、どういうわけかゲーム画面中のモデルに比べてすら、妙に間延びして見栄えのしない面立ちのものが生成されることが多い。

 しかもNWN2日本語化wiki(休止中)などを含めて日本のサイトにはしばしば、「NWN2では3Dモデルから生成されるので2Dのポートレイトは使えない」旨が書いてあり、一見差し替えが不可能なように見える。


 が、現在ダウンロード販売されている等のNWN2の最終バージョンでは、無事に差し替える、すなわちキャラクターシートや右のキャラ選択アイコンを、自分で設定したポートレート画像に変える機能が追加されている。
 差し替え方はネット等で調べるのは少々難しいのだが、要は、

「128x128、tga形式」

 の画像データを1枚作って、portraitsフォルダに入れればよい。portraitsフォルダは無ければ自分で作ればいいが、GOG版のインストールでNWN2のフォルダが2か所生成されるうち、NWN2のゲームフォルダ内に作っても(GOG版なら(ドライブ名)\GOG Games\Neverwinter Nights 2 Complete\portraitsを作る)、マイドキュメントのNWN2フォルダ内に作っても((ドライブ名)\Users\(ユーザー名)\Documents\Neverwinter Nights 2\portraitsを作る)でも、どちらでも構わない。自カスタマイズコンテンツは後者のマイドキュメントに入れるのが普通である。
 BGやNWN1のように、色々なサイズのポートレイトを何枚も作る必要はない(逆に言えば、色々なサイズが使われる機会はなく、128x128の画像がキャラシートとアイコンの両方に使用される)。ファイル名の末尾を「L」「M」などにする必要もない。また、NWN1は24ビット以外、RLE圧縮をしたtga画像を使うと最悪NWNが落ちることもあったが、NWN2ではRLE圧縮はしてもしなくてもどちらでも使えるようである。なお、これもBGやNWN1とは異なり、画像が128x128ピクセル以外でも自動的にゲーム内で調整される。正方形以外の画像は縦横比が歪んで表示されるが、正方形の画像であれば128ピクセル以外でもよい。


 キャラシートを開き、表示されるポートレートを左ダブルクリックすると、「ポートレートの選択」ウィンドウが開く。ここで、さきのportraitsフォルダに入れた画像が選択肢に出るはずである。NWN1と異なり、キャラシート上で同様の操作をすることでいつでもポートレートを変更することができる。






NWNページに戻る

トップページに戻る