わかりにくいルール(システム)の小ネタ(というか実装の厄介な点)


《武器の妙技》

 この特技はDexがStrよりも高い場合、命中判定にDexが使われる(命中にStrは使われない。ダメージはStr準拠のまま)というものであり、軽戦士のご用達である。

(1)対象武器
 ・ダガー、ハンドアックス、カマ、ククリ、ライトハンマー、メイス、レイピア、ショートソード、シックル、(ウィップ)、素手攻撃に適用される。
 ・つまり「小型武器」などと一律決まっているわけではない。
 ・素手にも適用される。中型武器であってもレイピアには適用される。
 ・上記対象武器であっても、自分よりサイズが大きい武器には適用されない。つまり、自分のサイズが「小型」であるハーフリングやノームが「中型」のレイピアを使った場合は適用されない。大業物特技を用いても適用されない。他の対象武器はすべて小型以下なので、ハーフリングやノームでも適用される。
 ・SoZに登場するラストリ船長(ストロングハートハーフリング)は、レイピアに熟練しているが、上記事情のため武器の妙技が適用されていないという設定ミスがある。
(2)習得
 初心者は忘れがちな点として、BAB+1が前提条件である。つまり、戦士系以外は1lv時のBABが0であるので、1lv時には取得できない。RogやBrdで軽戦士を作ろうとした際はいきなり躓くことになりがちである。


《エピック級武器熟練/開眼》

 原則的に「上級武器熟練/開眼」が前提条件となっているが、どういうわけか「ファルシオン」だけは、「武器熟練/開眼」があれば「上級武器熟練/開眼」が無くても習得できる。
 ファルシオンでその場合、「上級武器熟練/開眼」の有無にかかわらず、命中/ダメージは+3/+6になる。どうも開眼/上級/エピック級でダメージ+2ずつ累積等ではなく、エピック級の時点で+6に上書きされているようである。
 つまり、ファルシオンのエピック級開眼者になるには、Ftr12lvは必要ない。キャラはエピック級である必要があるが、Ftrレベルはは6lvほどで済む場合がある。
 3.0eやNWN1(上級熟練/開眼そのものが存在せず、通常の熟練/開眼のすぐ上がエピックになっている)を引きずっているとも、SRDの一部記述(3.0eのELHからアップデートされていない)に準拠しているとも考えられるが、どのみちNWN2でファルシオンでだけこうなっている理由は不明である。
 ファルシオンはNWN1では後から追加された武器ではあるが、NWN2ではfeat.2daを見ると最初のOCの時点から特技は存在するものの、特技のIDは他の武器よりもかなり後になっている。さらに、エピック級武器熟練・開眼よりも上級武器熟練・開眼の方がIDが後になっている。おそらく、NWN1(3.0e)に準拠して通常とエピック級の武器熟練・開眼のデータを作った後、3.5e準拠の上級武器熟練・開眼を追加した際に、エピック級の方の前提特技を直し忘れたミスではないかと思われる。
 なお、Kaedrin PRCなどのユーザーfixではこの前提特技は修正されているので、これらを導入している場合は、ファルシオンだけエピック級開眼を近道するといったことはできず、上級開眼とFtr12lvが必須である。










NWNページに戻る

トップページに戻る