アイテムに関する小ネタ




〇アングルヴァダル(フレイム・タン)

 フレイムタンについてはいろんなところで述べているので野暮なのだが、NWN2のこの武器にも留意する点が沢山ある。
 NWN2のこの武器は、結論から言えば「強化ボーナス+2, 火炎ダメージ+1d6」以外の能力は持っていない。これは出典であるAD&D1stや、2ndのFlame TongueのDMG記載のエゴ属性にも、3.Xeのフレイムタン(+1フレイミングバースト, 火炎マッシブクリティカル, 3.5eではスコーチングレイ相当擬呪)にも該当せず、単なる「フレイミングつきの武器」にすぎない。そもそも強化ボーナスからしてDMGのフレイムタンとは違う。
 実の所、これはNWN1の同名武器を(ラシェメンの刀鍛冶云々の説明文章ごと)そのまま流用したものにすぎないが、なぜNWN1でこのようにしたのかは不明である。D&D系のDMGのフレイムタンはもちろん、過去のD&Dゲームに登場したアングルヴァダルとも異なる。
 フレイムタンの前例というと、BG1のバーニング・アースがある。これはAD&DのSword +1, Flame Tongue以下長々と略に準じているほか、ゲーム中に一切表示されることはないが内部データでは材質が「銀」になっているという謎の特性があり、BG1-TotSCの異常にしぶといグレーターウルフワーにダメージを与えられる数少ない武器のひとつである。が、もちろんNWN2のこちらの武器には「錬金術銀」などという特性は無いので注意する必要がある。
 一方、アングルヴァダルという名の武器の前例にはBG2のアングルヴァダル+4と+5がある。こちらはFlame Tongue属性のデータの再現ではなく、どちらかというと追加の火炎ダメージが3.Xeのフレイミングに近い。またジャイアントストレンクスの擬呪がある(+5にはドレイン防止もある)。当然、名前こそ同じだがNWN2のアングルヴァダルには擬呪やドレイン防止は無い。なお、D&D系での「アングルヴァダル」という物品のデータはCD&Dの黒箱記載という触れ込みで(実際には黒箱は名前のみでデータは無い)Encyclopedia MagicaにAD&D2ndのルールとして載っているものがある。BG2のものは、黒箱やEnc. Magica同様に(実在伝承の)「フリシオフの剣」であると説明されていることから恐らく同等品という設定ではあるのかもしれないが、+4であること以外はEnc. MagicaのものはBG2のデータとは全く異なっている。
 NWN2のものは、通常の+2武器よりはかなりダメージが大きく、炎でないととどめをさせない敵など、フレイミング自体にある程度の有用性があるものの、ベースアイテムがただの鉄でDRを貫通できないなど、最終的に頼りになる武器ではない。



〇ホーリー・アベンジャー

 AD&D系列のゲームシステムにおいてPalキャラの要となる最重要アイテム(JRPGでの「ゆうしやのつるぎ」にあたる)であるが、特にNWN2ではわかりにくさの問題が山積みとなっており、説明されなければさっぱり把握できないと思われる。
 まず、NWN1/2ではアイテム属性(property, 印)に「ホーリー・アベンジャー」というものがあるが、後述するがNWN2のOCで入手できる”ホーリー・アベンジャー”という名前の剣にはこの属性がついておらず、別の能力で半端に再現されている。これは後述し、とりあえずこの印の能力を説明する。
 日本のNWNサイトには、NWN1/2でのこの印の効果に対して「パラディンにしか使用できない」「強化ボーナスに加算してさらに全命中率を+5する」だとか、一体どこから湧いて出て来たのか皆目わからない誤情報が書いてあることが頻繁にある。実際はこの印の強化ボーナスは、「パラディンが使用した場合+5、パラディン以外(他に属性などの制限の印がついていなければ)が使用した際に+2」となる。既にこれらより弱い強化ボーナスがついていた場合には上書きされ、またこれより強いボーナスはそちらが優先されて、累積はしない。また、この印の効果として、イービルに対しては1d6の神聖(NWN2では魔法)ダメージを与え、使用者に呪文抵抗16の値を与え、命中時に一定確率でディスペル効果がある(「ホーリー・アベンジャー」の印ひとつでこれらの効果を全て発揮する)。上記+2の他にディスペル効果だけは、パラディン以外でも機能する。なお、このNWN1/2の印はいずれもPnPのSpecific ItemのHoly Avengerとはダメージ等が微妙に違う。
 ちなみに通常の「冷たい鉄」の剣に「ホーリー・アベンジャー」の印だけを付与したのが3.XeのDMGのホーリー・アベンジャーにあたる剣となるが(実装の都合で細かいデータは異なる)NWN1のSoUに登場する”ホーリーアベンジャー”の剣もだいたいこれに等しい。しかし、NWN2ではこれだけ付与した聖剣はアイテム価格がやけに低い。まさかこんなものが店売りされているモジュールもないだろうが、価格によるアイテムレベル制限のあるPnPサーバーなどではパラディンが強力な装備を得られて重宝するかもしれない。

 3.5e及びNWN1/2にはパラディンの呪文で、武器にこの印の効果を再現する「ホーリー・ソード」呪文がある。NWN1では上記のほとんどを再現するが、NWN2では上記のうち+5/+2ダメージと悪に対する+2d6ダメージ(1d6ではない)だけであり、他の能力は再現されない。

 さて、NWN2のOCで手に入る”ホーリー・アベンジャー”の名の剣であるが、OC後半の教会がらみのレッドドラゴンのクエストで、クラス等が一定条件の場合に入手できる武器がこれになる。前述の通り、上述の印がついたものではなく、冷たい鉄のロングソードにそれぞれ別々に「強化ボーナス+3」「イービルに対して強化ボーナス+5」「イービルに対して+2d4ダメージ」「呪文抵抗24」「DC20のディスペルマジック」「プロテクションフロムイービルの擬呪(無制限)」「パラディン専用」の印がついているものである。
 イービルに対しては上述の印よりも一回りほど強い。しかし、イービルでない敵に対しては強化ボーナスが+3なのでかえって弱い。そしてダメージ自体はホーリーソード呪文よりさらに弱い。
 なぜこのようになっているか、というか上述の印が使われていないかは不明である。ひとつ考えられるのはOCの要であるシルバーソードとの力関係である。シルバーソードに比べると、イービルに対しては強い反面、グッド(来訪者が多い)やニュートラルの敵に対しては劣る。また、素材の関係でDRを抜けやすい敵が違う(OCではシルバーソードの錬金術銀の方がホーリーアベンジャーの冷たい鉄よりも有用である、という見解が述べられることが多い)。どのアライメントグループの敵にも+5は保証される印の方のホーリーアベンジャーに比べると、OCアイテムの方はシルバーソードと使い分けができるようにしたのかもしれない。
 ただし、呪文のホーリーソードの方がこの印を再現していないものであることから推測して、そもそも印を実装する予定がなかったとか、現状とは異なっていたといった空気が激しく漂ってくる。とはいえ現在は推定以上の余地はない。



〇コールドアイアン・ブレード

 NWN2のCold Iron Bladeというマジックアイテムは、「コールドアイアン・ブレード」と訳されているが、おそらく「コールド・アイアンブレード」と区切るべきである。「冷たい鉄」の「剣」ではなく、「冷たい」「鉄の剣」である。なぜなら、これは+1強化ボーナスと冷気+1d6ダメージがついているが、材質は冷たい鉄でなく、ただの「鉄」の剣だからである。(なお原語では、他のCold Iron Longsword等とものすごく紛らわしいが、和訳ではこちらのコールドアイアン・ブレードはカタカナで、Cold Iron Longsword等の方は「冷たい鉄のロングソード」等と訳されているのでわかりやすい。)
 なぜこうなっているかというと、NWN1のアイテムデータを丸ごとコピーしたからと思われる。NWN1のOCデフォルトでは材質のデータが無く、Cold Iron Bladeを冷気ダメージの剣にすることで名前を再現したものと思われるのだが、NWN2に移っても材質などは変更されなかったのである。
 NWN1のOCのコールドアイアン・ブレードの説明(無論、NWN2にも流用されている)では、「キャンドルキープの防衛のためにアビスのピット・フィーンドのイーガトールを封印する云々」と書かれており、材質などの直接の記述はない。3.5eでは冷たい鉄はアビスの生物に効果があるので一見筋が通る記述のように見えるが、実は原語ではabyssとは書かれておらずおそらくセガの和訳の際の追加部分である。そして、そもそもピット・フィーンドはアビス在住のデーモンではなくバートル在住のデヴィルである。
 実の所、「冷たい鉄」を含めた素材のシステムは3.5eでこそ重要だが、AD&DはもちろんNWN1の3.0eの時点でも(資料によっては記述はないでもないが)はっきり分類やルール的整理はされていない。早い話、冷たい鉄がデーモンやフェイに有効と基本ルールで明記されたのは3.5eで、そして、NWN1は記述の細部が3.0eどころかAD&D(というかBGシリーズ)にかなり引っ張られているので、3.5eのルールとは多々合致しないのだが、それらも含めてNWN1のデータがそのままNWN2に流用されてしまっているのである。
 なお、NWN1のプレミアムモジュール、Wyvern Crown of Cormyr用に追加されたアイテムにも同名のコールドアイアン・ブレードがあるが、性能は別物(来訪者にのみ+1d4ダメージ)であり、こちらはNWN1最後期だけあって3.5eも意識したとおぼしきデータである。アイテムの説明にも材質がCold Ironであると書かれている。日本語版ではWyvern Crown of Cormyrの追加データは1.69パッチに反映されているが、なぜか冷たい鉄でなく「冷たい金属」と訳されている。
 何にせよ、NWN2のものは強化ボーナスも低く、実際の「冷たい鉄」の武器のようにはデーモンやフェイに有効ではないので注意が必要である。



〇ナイトシーフのニンブルナイフ

 《二刀流》特技、軽業+2が得られるダガー+1である。NWN2のOCでは中盤のネヴァーウィンター市の倉庫掃討クエストでニーシュカが発見することがある。
 NWN2(3.5e)では、《二刀流》特技があればとりあえず二刀流は実用になるので、オフハンドにこれを持てばいきなり二刀での攻撃が可能である。海外サイトなどに載っている軽戦士や魔法戦士のビルドでは、盾も二刀流も特技がなく、前衛・攻撃系にもかかわらず最後までレイピア片手持ちだけをしているという例が載っていることがある。アレンジしようにも、Ftrでもなければなかなか二刀流特技などを取得している暇もない。その場合、とりあえずオフハンドにはこのダガーでも持っているといいかもしれない。







NWNページに戻る

トップページに戻る