煉獄の行進





 2


 完全な暗闇ではないが、靄のかかったような──正確には痛みその他のせい
で、かすみきった意識の中、……
 「頼むよ、パルランド」遠くから聞こえてくる、片方の声はひどく穏やかで
抑揚の緩やかなものだった。「植物や動物とは違って、”至上神の愛子ら”は
癒すことはできても、わたしには命を拾うことはできないのだ。なんとか助け
てやれないものかい」
 「お前は自分で助けられもしないものを拾ってくるのか、アイウェンディル
よ」もう片方の声は強い抑揚もあるが、全体に深く静かに、あたかも深淵の底
から響くような声だった。「いや、お前の動物たちによく言い聞かせておけ、
そして──」
 「もう一度捨てて来い、などというのではないだろうね?」最初の方の穏や
かな声が言った。「それはない、それはないよ。なんとか頼むよ。できないこ
ともないのだろう?」
 「お前はお人よしすぎる」深い方の声が苦々しげに言った。「拾ってくるこ
ともそうだが……わしの所などに連れてくることもそうだ。計算してのことで
ないならば──お人よしにも限度というものがある。とても、つきあってはい
られんぞ──」
 だが、それらの声も遠くのことのようで、続く言葉はさらに遠ざかりながら、
カイトの意識はふたたび薄暮の中へと落ちてゆき、……


 ……またどれだけの間を経たか、その薄暮に光が瞬くように、歌声が聞こえ
てくるのがわかった。幼い子供の声だが、起伏の少ない韻律のきめの揃った歌
声は(この響きが神代エルフ語であるとわかったのは、ずっと後になってから
のことである)長い間忘れていた、とうとうと流れる水や、柔らかい陽射しを
思い出させ、……
 ときたま、さらさらという衣擦れの音や、ぱたぱたと小股に歩く雑音が入っ
たような気がしたが、その生活音からは言い知れぬ落ち着きが、……しかし、
それも、引き続くカイトの昏睡に落ちる中に、遠くから入るばかりで、──


 ──カイトをまどろみから急に引き上げたのは、額に布が当てられたひやり
とした感触だった。それと共に、やや刺激臭にも近いが心地よい薬草の芳香が、
意識を強く覚醒させた。
 カイトははっきりと身じろぎし、目を開いた。
 幼いと形容できる、小さな顔が覗き込んでいた。布を持った手をカイトの額
からそっと離しながらも、横たわるカイトをじっと見つめていた。それは、短
いくすんだような赤毛の少女で、大きく澄んだはしばみ色の瞳を、驚愕か、あ
るいは当惑かで、はたと見開いたままだった。
 カイトは少女に呼びかけようとしたが、……口を開いても、かすれた声、言
語になっていない声を発することしかできなかった。
 が、少女は不意に慌てたように身を離した。纏った青い短衣の裾が翻り、ぱ
たぱたと足音としては異様なほど軽い音と共に、少女の姿はさっと戸口に見え
なくなってしまった。
 カイトは身じろぎした。何となく全身がけだるく、体はうまく動かないが、
不思議と、拷問から受けたひどい痛みなどはほとんど残っていないように思え
た。もっとも、麻痺しているか何かかもしれない。だが、やがて、上体だけは
なんとか起こすことができた。木の小屋の中──木の寝床の上──縛められて
はいない──自分が悪夢のどん底にいるのではない──少なくとも当面──少
しは前から、薄々とそんな気がしていたような気がする。だが力のぬけたよう
な心身の状態からも、容易くは実感に繋がらなかった。
 頭を整理しようとする前に、入り口からふたたび軽い足音がした。現れたの
は一見、さきの少女かと思ったが、カイトにもわかるほど、足取りがつかつか
と落ち着いている。と、続いて、風貌から服装から、まったく瓜二つの姿をし
た幼い少女が、その背後から顔を出した。不安の面持ちからも、こちらがさき
にカイトを目覚めさせた少女に違いもない。
 手前の少女が、警戒するようなしぐさを見せて、カイトの寝床の数歩前で立
ち止まり、ついで、見回すようにその傍らをゆっくりと歩いた。
 「お姉ちゃ……」背後で立ち止まったままの、不安げな方の少女が言った。
 「パラニアを呼んできて、マリア」手前の少女はカイトの方を見つめながら、
ほとんど顔を動かさずに言った。
 再び、ぱたぱたという足音。カイトの傍らにひとり残った”姉”の方の少女
は、驚くほど線の整った眉根を、ひたすら険しくしてカイトを凝視した。あか
らさまな警戒と、値踏みしている様子があった。その表情のあまりの厳しさに、
何か尋ねようと思っていたカイトは、声を発する気も萎んでしまっていた。
 「もう喋れるんでしょう?」が、少女はやがて、沈黙に苛立ったように口を
切った。「何か聞くことはないの?」
 目覚めたばかり、前後不覚も同然、口を動かすのもようやくのカイトより、
少女の方が進んで語り教えてくれてもよい状況である。(それほどまでに少女
の警戒が強く、自分から語ろうとしないというまでは、カイトは思い至らなか
った。)ともあれ、その少女のきつい尋問口調は、拷問とあのオーガの詰問
を思い出させて、カイトの意識をよろめかせた。
 「ここは、どこだ……」が、カイトは何とか問いを発した。
 「雑貨店の裏。”辺境の地”の街の」少女は簡潔に答えた。
 「オレは……」
 「死に掛けてたところを、『茶の賢者』がこの街に連れてきて、パラニアが
手当てしたの。わかった?」
 わかりすぎた。物足りないとすら言えた。それぞれ誰のことであるとか、細
かいことまでわかるわけではないが、今のカイトの頭の働きで理解できる範囲
の情報としては、充分すぎた。
 「どこか痛みはない?」滞りもなく少女は問いを継いだ。
 「ああ……」カイトは口ごもって、とりあえず答えた。「特に……ない」
 少女は腕を組み、意識を取り戻したばかりという点を差し引いても間の抜け
た声を発するカイトを、また値踏みの意図も露に見下ろした。
 少女の今の声には全く労いという色がなく、本当に必要があることを聞いて
いるという態度を隠そうともしていなかった。そのあまりの応対の割り切りは、
この少女の見かけの幼さを、ほとんど逸しているようにすら見えた。ふと、眠
っている間に聞こえてきたあの歌声と、同じ声色ではないかという点に思い至
ったが、あまりにも印象が違うので、確信はもてない。
 が、考えている間に、また扉が開いた。……重く広い足取りで入ってきたの
は、少女らと同じ色の服装、すなわち、ほとんど黒と言ってもよいほど深い藍
色の長衣に、同じ色の頭巾つきの外套を羽織った人物だった。
 たくましい長身の老人だった。真っ直ぐに伸びた上背は、6フィート半以上
はあるだろう。青い長衣と外套はゆったりと長いが、その上からでも頑丈な肩
幅と背のつくりは明らかに伺えた。短く刈り込んだ髪と鬚には、黒の中に霜を
置いたように銀が混ざっている。目は青く、重さや厳しさよりも、”鋭さ”を
感じさせるものがある。それらを含めて、どれほどの齢であるかは計り難く、
物腰はひどく精悍で、枯れたようなところを感じさせなかった。
 「目は覚めたかもしれんが」
 老人はカイトを見下ろして言った。
 「起きて動けるようになるには、まだ何日かかかる。それまでは、そこに寝
ているがいい」
 夢の中で話していた二つの老人の声のうち、”パラニア”と呼ばれていた、
深い声の方だった。ということは、あれは枕元での会話であったのだろうか。
 「す……」カイトは口ごもり、言葉を捜したが、結局最初に発しかけた語を
言う事しかできなかった。「……済まない」
 「礼はまだいい」が、老人はカイトの言葉を受け止めはしなかった。「自分
が何から救われたのか、どう救われたのか、わかってはいまい。わからないう
ちから礼を言うべきではないし、今は、説明してもわかるまい」
 穏やかではあるが、突き放したような言葉と口調だった。
 「だが今は、ここ数日、介抱していたこの娘達の方に礼を言うべきだな」
 傍らにいた少女は、老人の視線に、相変わらずやや不機嫌そうに、小さく息
をついて腕を組んだままだった。老人の背後に隠れるようについてきていた最
初の方の少女、妹の方が顔を出し、不安げに老人と、カイトを見比べていた。
 ──自分は、おそらく死の淵より深い闇から引き上げられたのだ。改めてそ
う思っても、カイトには実感が沸かなかった。あの体験は、実際に闇の底にあ
る時にそうしてきたように、何かの間違いに過ぎない、ただの悪夢であると信
じ込もうとしていた。助かった今となっては、忘れ去ろうとしていた。老人の
言うとおり、どれほど救われたか認識することも、だが追求する気も沸かず、
カイト自身にとっては、それが幸いだと感じられたのだった。


 それから数日の間、カイトはその雑貨店の裏で過ごした。外傷や痛みはすっ
かりなくなっていたが、体力が中々戻らなかった。
 老人は時々しか現れず、もっぱら双子の少女が現れて、ほとんど動けないカ
イトに食べ物(果実がほとんどだった)や、さまざまな芳香をする薬草を持っ
てきて、しばしばそれで煎じ薬などを作っている姿も見られた。双子のうち、
妹のマリアは、カイトが目覚めてからは、彼を恐れているというわけでもない
だろうが、常に不安げに必ず姉のアリスの背後についてしか行動せず、一方で
姉の方は、明らかにカイトへの不信感を露にし常にぶっきらぼうで、結局、ど
ちらも暖かく世話しているとは言い難かった。
 彼女等は見かけの上では、ほぼ「少女」と呼ぶにも幼なすぎると形容できる
年齢にしか見えないが、特に姉のアリスの方の、やや古めかしい流麗な発声
(カイトがアリスのこれを、灰色エルフ語の強い訛りのせいだと知るのは、ず
っと後になってからのことである)と、異様なほどの落ち着きのある声色と口
調、語彙からは、見かけ通りの年齢とは信じ難かった。一方で妹マリアの方は
人見知りといい、少なくもその言葉といい、かなり見かけ通りらしいが、とき
どき仕草や声色に、カイトの予想だにしていないものが顕れる気もする。
 双子の少女らは、他の点ではなにひとつ見分けがつかないが、ただ、そのく
すんだ赤い髪が、妹のマリアが短い髪で(外から帰ってきた時など)外套の頭
巾(フード)をよく被っているのに対して、姉のアリスの方は腰まで届く長い髪
をしており、そのため外套の頭巾を使わずに、先のとがったつばの広い青い帽
子を持っていた。外套も短衣も、老人と同じほとんど黒といえる青で、──そ
して老人も幼い少女らも、ひどく長らく野にさらされたように日焼けしていた。
 「オレが目が覚めてない間は、どういう介抱してたんだ?」
 カイトは、アリスが薬を煎じにやってきた時に、尋ねてみた。普段からきつ
い当たりなのだが、会話になりそうといえば、(いかにも残念だが)人見知り
する妹よりは、姉の方だった。
 どういうわけか、拷問の傷跡をはじめとして、カイトの外傷はすっかり消え
失せていた。これほど完全に、最初からなかったとでもいうように傷を治すに
は、『魔道士協会』の理論では、かなりのレベルと人数の『治癒魔法』を投入
しなくてはならないはずで……しかし、今彼等は、薬草のような(カイトの感
覚では)原始的な手当てしかしていない。当初はどういう治療をされたのだろ
うか。
 「今やってることと同じよ」アリスはぶっきらぼうに言った。「薬草を煎じ
て、貼って、飲ませて」
 カイトは質問を変えた。「……オレは、最初に運ばれてきた時、どういう状
態だったんだ?」
 「聞かない方がいいわよ」アリスは言い捨てるように、「まだ体力が戻って
ないんでしょう。また卒倒でもされたらやってられないわよ」
 聞くだけでそうなるほどひどい状態だっというのか。だが、
 「けど、『何からどう救われたのか知るべきだ』、って……」
 アリスはしばらく考えていた。目をおろし、親指をこめかみに当てる仕草を
しばらくしてから、
 「……じゃあ教えるけど」アリスは言葉を選ぶようにゆっくりと言ったが、
それは予測していたような、カイトの外見の悲惨さの描写ではなかった。「肉
体に繋いでいる霊と命のおおかたが粉々に砕けて、その痕跡まで魂の核から離
れてたのよ」
 カイトは面食らった。「……それは、精神世界(アストラルサイド)まで破損
されていたのに、修復を行ったってことかっ!?」
 「……なに?」アリスはぐいと眉間に皺を寄せた。
 「破損した精神(アストラルサイド)を取り戻すだとっ!? そんなこと、人
間の魔力容量(キャパシティ)でできるわけないだろっ!?」
 「あんたの言うことは、何ひとつ意味わかんないわよ」アリスは柳眉を激し
く逆立てた。「聞かれたから答えただけよ。それ以上は、あんたの駄法螺につ
きあう義理はないわね」
 そう言ってアリスが唐突に立ち去ったので、カイトは落ち着いて考えた。ア
リスの言を聞いてカイトは慌てて考えついたことを口走ったが、あの表現が何
かの間違いであることは明白だ。アリスはカイトの言葉どころか、自分の言葉
の意味もわからずに言っていたに違いない。「精神世界(アストラルサイド)」
のような正確な用語でなく、ああいったカイトには曖昧にしか聞こえない語な
のがそうだろう。あるいは、それらの傷や、受けたあの状況がすべて、魔族
(まぞく)に見せられたただの悪夢だったのかもしれないのだから──


 数日が経って、カイトが普通に動いても不自由を感じられなくなった頃、ま
るでそれを示し合わせたように、老人、パラニアが戻ってきて、小屋に娘らと
共に集まり、カイトの寝台際に掛けた。
 「もう大丈夫だろう。どこへなりとも行くがいい」
 どこへ行くかなど、カイトの勝手と言うべきだが、パラニアのその言い方
はつまり、”大丈夫”でないうちは彼等が無理にでもカイトを寝かせておくつ
もりだったことを示していた。
 「……だが、これからどうするかな」そう言ったきり、パラニアはカイト
を見つめた。
 「元の世界に帰るっ!」カイトは即座に叫んだ。
 ……こんな所には居られやしない。この土地、この次元世界が何なのか、一
番それらしいのは、(『魔族』の長である『魔王』の姿があったことからも)
魔族がはびこっている狂った次元や幻覚の世界だが、どのみち、ここに連れて
きたあの者の、『手ごろなモンスターと財宝』は嘘八百であったことは確実で
ある。まだ元の世界に帰りさえすれば、カイトは『高レベル冒険者』なのだ。
 「だが、帰り方はわかるまい?」パラニアが言った。
 カイトは当惑した。ここに連れてきた例の人物、”黒と銀と緑の者”を探さ
なくてはならないのだろうか。
 「”原初の王族”の、次元世界を渡る能力を頼らなくてはならないだろう」
が、老人はカイトの次の句を待たずに言った。「ならば、トランプの塔だな」
 「”原初の王族”って何だ。魔族か?」カイトは老人に聞き返した。「”ト
ランプの塔”ってなんだ」
 パラニアはゆっくりと首を振った。「これらの言葉すら知らないものに、
説明すら厄介だな。ということは、塔への行き方もわかるまい」
 老人はカイトの寝台際の椅子から立ち上がると、鬚を掻くようにし、
 「……わし達はこれから”モリバントの都”まで行く予定だが、そこの郊外
に、トランプの塔がある。来たければ、共にくるがいい」
 アリスとマリアが、同時に老人を見上げ、ついでカイトに目を移し、すぐに
再び老人を見上げた。マリアの方は、いかにも見知らぬ同行者に対する不安で
ある。アリスの方は、それは機微にうといカイトにすら明白に見て取れる、カ
イトへのあからさまな警戒心と、「本気で連れて行く気か」とでも言いたげな、
パラニアへの抗議の目である。
 どれほどの旅になるのだろう? カイトはそれを彼らに聞きあぐねた。その
理由の半分には、『高レベル冒険者』であるカイトは旅の長短や危険など、人
に尋ねる心配などするべきではない、という意識からだった。しかし、今後あ
の悪夢のようなことが起こるのかという漠然とした不安は、道連れの少女らの
不信の眼差しと共に消えなかった。



 next

 back

 back to index